建設業のやりがい・魅力とは?建設業界に就職するメリット

皆さんこんにちは、東京都大田区で給排水設備工事を営むロート・ルーターサービス株式会社城南です。



「誰かの役に立つ仕事がしたい!」

そんな熱い想いを持つあなたに、建設業という選択肢はいかがでしょうか?

道路、橋梁、建物など、人々の生活を支える社会インフラを建設することは、まさに社会貢献度の高い仕事です。完成した構造物が長く人々に利用されることで、大きな達成感を得られます。

しかし、建設業は単に力仕事というイメージを持っている人も多いかもしれません。確かに、体力が必要な場面もありますが、現代の建設現場は高度な技術と機械化が進んでいます。

建設業のやりがいは、単にモノを作るだけではありません。

チームで協力して一つのプロジェクトを完成させる達成感、技術を磨いてスキルアップしていく喜び、そして自分の仕事が社会に貢献しているという実感を得ることができます。



そこで今回は、建設業のやりがいについて解説していきます。


■建設業の仕事の魅力


 建設業は、人々の生活を支える社会インフラを建設する、社会貢献度の高い仕事です。完成した構造物が長く人々に利用されることで、大きな達成感を得られます。

近年は、技術革新や機械化が進み、体力に自信がない人でも活躍できる環境が整っています。また、資格取得支援制度など、働きやすい環境づくりにも積極的に取り組んでいます。ここからは具体的に解説していきます。は、自分の人生に大きな足跡を残すことができるのです。


・自分の仕事が地図に残る


 建設業界では、自分が関わった建物や橋などのものづくりが、地図に残るという実感を得ることができます。自分の手で創り上げたものが後世に残り、人々の生活に役立つ姿を見ることで、達成感を味わうことができます。建設業は、単なる仕事ではなく、社会を創るという壮大なプロジェクトに参加しているという感覚を与えてくれます。自分の手で未来を築き、社会に貢献したいという想いを持つ人にとって、これほど魅力的な仕事は他にないでしょう。建設業で働くことは、自分の人生に大きな足跡を残すことができるのです。


・手に職がつく


建設業は、高度な技術と知識を必要とする専門職です。現場での経験を通して、様々なスキルを身につけ、手に職をつけることができます。

建築士や土木技術者、給排水設備などの国家資格を取得すれば、さらにスキルアップし、キャリアアップも可能です。

手に職があれば、安定した収入を得られるだけでなく、独立することもできます。自分の技術を活かして、会社を設立したり、フリーランスとして活躍したりすることも可能です。

建設業は、年齢に関係なく働ける業界です。経験を積めば、若い人でも責任ある仕事を任されることができます。

また、近年は女性や外国人の活躍も増えており、多様な人材が活躍できる環境が整っています。

手に職をつけたい、スキルアップしたい、キャリアアップしたい、独立したい、安定した収入を得たい、年齢に関係なく働きたい、多様な人材と働きたいという方にとって、建設業は最適な選択肢と言えるでしょう。


・成果が目に見える


 建設業界の仕事では、自分の努力や技術が目に見える形で結果として現れます。建物や橋などが完成することで、その成果を実感することができます。自分の能力や努力が形になり、現場での一つ一つの作業が大きなやりがいをもたらします。建設現場では、日々様々な課題に直面し、それを解決していくことで、自分の成長を実感することができます。そして、プロジェクトが完成したときの達成感は格別です。

 目に見える成果は、モチベーションの維持にもつながります。次のプロジェクトに向けて、さらに努力しようという気持ちになるのです。

建設業は、努力が結果に結びつきやすい業界です。自分の能力を存分に発揮し、社会に貢献したいという想いを持つ人にとって、これほど魅力的な仕事は他にないでしょう。

成果が目に見えるということは、自分の仕事が社会に貢献していることを実感できるということです。これは、建設業で働くことの大きなやりがいの一つです。


・社会貢献ができる


 建設業界の仕事に携わることで、社会貢献をすることができます。特に災害時には、建設業界の関係者が真っ先に現場に駆けつけます。災害発生時には被災地の復興や建物の修復が急務となるため、建設業界の専門知識や技術が求められます。

 被災地での復興作業や建物の再建に携わることは、被災者のためになるだけでなく、地域や社会全体にも大きな希望を与えることができます。建設業界の仕事をしていることで、人々の生活を支える基盤を作ることができるのです。

 災害時には迅速な対応が求められるため、建設業界では協力体制を整え、他の関係者との連携を密に図ることが重要です。チームでの努力や協力が社会貢献につながるのです。

 また、建設業界はただ建物を建てるだけでなく、公共施設やインフラの整備など、社会全体の発展に貢献する役割も果たしています。建設業界の仕事を通じて、自分の力を社会に活かすことができるという意味でも、社会貢献度の高い仕事だと言えます。

 建設業界で働くことで、社会に貢献し、多くの人々に喜びや安心感を提供することができるのです。



・チームで物事を進める


 建設業界の仕事の魅力の一つは、多くの協力者と共に仕事を進めることです。一人で作業することはほとんどなく、仲間たちと協力しながら目標に向かって進むことができます。

 建設現場では、様々な職種の人たちが働いており、建築士、設計士、施工管理者、作業員などの専門職がそれぞれの役割を担っています。各職種の専門知識やスキルを持った人々と協力して仕事を進めることで、高品質な建物や構造物を作り上げることができます。

 チームで働くことで、意見やアイデアの共有が行われます。お互いの意見やアイデアを出し合いながら、より良い解決策や改良点を見つけることができます。さらに、協力者たちとのコミュニケーションを通じて自身のスキルや知識を向上させることもできます。

 また、建設現場ではスケジュールや予算などの制約が存在します。チーム全体でスケジュールや予算管理に取り組みながら、効率的に仕事を進めていく必要があります。協力者たちとの連携やコミュニケーションが円滑に行われることで、計画通りに作業が進行し、工期や予算の管理が成功することができます。

 友情や信頼関係も築かれることがあります。長い時間を共に過ごし、困難な現場状況に立ち向かっていく中で、お互いを支え合うことができます。チーム全体が一丸となって仕事に取り組んでいく姿勢は、やりがいを感じることができます。

 建設業界での仕事は、個人の力だけではなく、多くの協力者たちとのチームワークが求められます。共に目標に向かって努力し、成果を上げることができることで、仕事の魅力を一層感じることができるでしょう。


・ビックプロジェクトに携われる


 建設業界の仕事の一つの魅力は、ビックプロジェクトに携わることができることです。建設業界では、大規模な建物や橋、道路などの建設プロジェクトが数多くあります。例えば、大手ゼネコンが元請け先の場合、東京オリンピックのスタジアムの建設や各公共施設の建設など普通の人では経験のできない施設に関しても自らの手で構築する事ができます。

今後も、「IR事業」や「大阪万博」、「リニア中央新幹線」などどれも私たちの生活に関わるものであり、今後はさらなる注目を集めるでしょう。

これらのプロジェクトに関わることで、自分自身の技術や知識を高めるだけでなく、大きな達成感を得ることができます。

次世代に残る仕事をするチャンス

 ビックプロジェクトに携わることは、次世代に残る仕事をするチャンスでもあります。建設業界では、社会インフラやランドマークとなる建物を作り上げることがあります。自分の手がけた建物や構造物が将来の人々にとって重要な存在となり、地域や社会に貢献することができます。そのような仕事に携わることは、やりがいや充実感を得ることができるでしょう。

 以上が、ビックプロジェクトに携わることで得られる魅力とやりがいについての説明です。建設業界での仕事には、自分のスキルを発揮しながら大きな成果を残すことができます。また、将来の人々にとって重要なものを創り上げることで、社会に貢献する喜びを感じることができます。


■技術の承継が重要


 建設業界では、高齢者の大量退職が進んでおり、若手入職者の確保が必要な状況です。若手の力を活かし、先輩たちから技術や知識を学ぶことが大切です。

 建設業界での就職や転職は、一生涯の技術を身につけるチャンスでもあります。先輩たちから直接教わり、経験を積むことで自身の技術が磨かれ、将来的には他の人に技術を教える立場にもなることができます。

 建設業界には、建物や橋などの長寿命化のための維持管理が求められます。これらの施設が安全に使われ続けるためには、技術の承継が欠かせません。若手の入職者は、これからの建設業界を支える存在となっています。

 技術の承継は、単に技術や知識の受け継ぎだけではありません。先輩たちから学ぶことで、建設現場でのマナーや職人の魂を受け継ぐことも重要です。職人たちは長い年月をかけて培った技術と誇りを持っているため、その姿勢を継承することは、建設業界において大切な価値観の継承とも言えます。

 建設業界で働くことは、先輩たちから学ぶことのできる貴重な機会です。若手入職者は、技術の継承と共に、自身の成長も感じられる環境であり、将来に向けての技術者としてのキャリアを築くことができる点が魅力です。



■まとめ


建設業は、社会貢献度が高く、やりがいと安定性を両立できる魅力的な業界です。

自分の仕事が地図に残る、手に職がつく、成果が目に見えるなど、他の業界では味わえない独特のやりがいを感じることができます。

近年は、技術革新や機械化が進み、体力に自信がない人でも活躍できる環境が整っています。また、資格取得支援制度など、働きやすい環境づくりにも積極的に取り組んでいます。

「誰かの役に立つ仕事がしたい!」

「自分の手で社会を創りたい!」

「大きな達成感を味わいたい!」

そんな想いを持つ方にとって、建設業は最適な選択肢と言えるでしょう。

建設業で、あなたも熱い「夢」を実現しませんか?


■ロート・ルーターサービスでは給排水工事の作業員を募集しています



ロート・ルーターサービス 株式会社 城南では東京都大田区で給排水設備工事を行っております。代表を含めた社員全員が未経験からのスタートをしており、どなたでも安心して働ける環境を提供しております。


年間休日も110日を超えており、プライベートの時間もしっかりと確保できます。


各種手当も充実しており、資格を獲得した方には職務手当を月10万支払うなど頑張った分だけしっかりと還元しております!


昨今AI やロボットの発展により人間の仕事がなくなりつつありますが、給排水工事は新設工事と改修工事があるため、新たに設置するだけでなく、既存設備の老朽化や補修工事、交換工事にも対応しなければなりません。そのため、工事の需要がなくなることはなく仕事量は安定するでしょう


未経験の方や、異業種で経験を積んだ方、再び給排水工事にチャレンジしたい方、どなたでも歓迎しています。ロート・ルーターサービスで新たな一歩を踏み出し、成長と安定を手に入れませんか?ぜひお気軽にご連絡ください!




採用情報はこちら